古都/京都・奈良 そして大阪

 浜松を後にし、26日は京都に寄りました。
 やってきました清水寺です。京都駅に着いて、ふとした思い付きでバスに乗ってました。行き先表示の「清水寺」を見て、つい(笑)。

 京都だけあって外国人の方も来てまして、英語で質問されて、妙に懐かしさを覚えたりしました。
 ”Can you take a picture of us?”
 ”Yes, of course!”
 …みたいな。
 清水の舞台から飛び降りる気持ち、という慣用句が存在しますが、案外それほど高くもないんだなーという感じ。工事現場の足場の上のほうが、よっぽど怖そうだ…
 でも木組みの高い舞台ってのは、やはりそれなりの迫力があります。

 夕方からドイツでの知人に再会して、駅近くの飲み屋さんへ。これが思いのほか美味しくてね。店の雰囲気もよく、満足感ありました。1年半振りの再会ってのも、また楽しいもんです。
 夜は駅近くの仮眠室付き風呂屋へ。旅の宿はこういうのが一番安上がりです。でもこういう所って「男性専用」なんてのも多く、女性の方々はそうラクにはいかないんですね。ここの風呂屋は屋上から京都タワーがよく見えます。タワーの是非は色々みたいですね。


 鹿さんです。

 ま、要するに奈良に来ました。27日は朝から奈良に移動して、これまたドイツでの知り合いに会いました。向こうで出来たネットワークが日本でも生きてるって嬉しいものです。
 奈良では二人で観光らしい観光をしました。こういうの久し振り(笑)。奈良公園を歩いてシカさんと戯れ、昔の町並みの残る一角を歩き、釜飯を食い、東大寺へ行って大仏を眺め…
 たまにはこういうのも良いですね。しかも今は自分の目は日本人じゃないので、とてもオモシロかったです。だって東大寺が(日本人にとっての)ケルンの大聖堂に見えましたもん。いやー日本ってオモシロイですよ。

 京都・奈良とも、まともに見るのは中学3年生の修学旅行以来でした。しかも現地の人と歩けると益々良い。今回の旅は随分とオモシロイものになってきてます。

 夕方に大阪へ移動して、元2研メンバー・ひがっぺさん、k1rou、かおりちゃんと4人で集まりました。駅前の神社にちらりと寄った後お店に入ったんですが、ここの店員が変(笑)。
 注文を取る声、解説の声、「この人は何者だ?!」って感じでした。きっと名物店員に違いありません。でもこの一人だけが変なのではありません。便所に行って戻ってきたとき、別の店員が言ったのは、

 「おかえりなさいませ」

 おい(笑)。

 かつてない感じの店でしたね。
 ひがっぺさん、色々手配ありがとうございました&お世話になりましたー!

日本

Posted by Hiko